スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月25日IOSCC予選会

11月25日の予選会はシード権獲得人数は5人となります。

今のところ開催予定てすが、天候や河川状況によって中止となる場合があります。

その際の告知先としてTwitterアカウントを所得しましたのでご参照下さい。

https://mobile.twitter.com/IOSCC/tweets

よろしくお願いします。

スポンサーサイト

2012 IOSCC DAY2

DAY2の天気は曇り。

昨日の雨で増水し、水面からの高さは20cmほどになった。

準決勝は8時から受付開始、順次スタートとなった。

10.jpg

準決勝進出選手は20名だったが、2名の欠席があり18名によるメダル争いとなる。

13.jpg

25.jpg

28.jpg

風は弱いが終始向かい風、記録が伸び悩んだが、決勝進出の上位3名は流石のキャストでした。

29.jpg

そして、決勝戦。

6名のキャスターの戦いが始まった!


2012 IOSCC Final


結果は、
優勝 柿沼健二 49.6m キャプチュード18ft キャロンジェットストリーム改
2位 小野雅之 47.8m B&W パワーライトスペイ18ft バリバストーナメントプロト
3位 金谷靜一 44.8m CND I.Spey17ft11in GPS#12/13LDF Mk.2

39.jpg

表彰式終了後は、じゃんけん大会!

45.jpg
JTSCCからバリバスエアーズ24lb、マナブさんがGET!

46.jpg
CNDからGPS#12/13LDF Mk.2、井上選手がGET!


最後に集合写真を撮り、終了となりました。
47.jpg

昨年は大きな災害があり、3月の予選会を中止し、4月にチャリティー計測会を開催。7月の予選会では小野選手は62.9mの大記録達成!当日には私も含め、北海道でも60mオーバーの記録が出て、いよいよ世界レベルに到達した感がありました。

が、直後のCLAではジェラルド・ダウニーが前人未到の70.63mのワールドレコードを記録!

まだまだ遠い世界レベルですが、数年後にはCLAで日本人チャンプが生まれることを期待し、24年シーズンも3月から計測会を開催予定です。

我こそはというスペイキャスターの参加をJTSCCスタッフ一同、お待ちしています!!!



2012 IOSCC DAY1

予報では大風でしたが、実際にはそれほど吹かず、しかし向かい風で中々記録が伸び悩んだDAY1でした。

01.jpg
IOSCC受付
02.jpg
午前中は雪がちらつき、寒さが厳しかったです。
03.jpg
スタッフジャンバー
04.jpg
なぜか目を隠すJTSCCクラブ代表の酒井。
05.jpg
午後はかなりの雨が降る中、記録が伸びてました!
06.jpg
予選通過の6名(黄色)

本日の予選通過6名と、シード選手14名、あわせて20名がDAY2の準決勝に進み、そしてその中の6名が決勝に進出します。

ライブ配信は決勝戦、開始は13時~14時の間で風の具合をみてスタートします。

どうぞお見逃し無く!!!

2012 IOSCC

JTSCClogo.jpg
主催:JTSCC

スポンサー&協賛:CND その他、募集中(問い合わせはanglersspeycast@gmail.comまで)

日程:2012年1月21~22日

場所:入間道場予定
iruma1.jpg
iruma2.jpg

埼玉県より一時使用許可所得済み(予選会日時も含む)

参加資格:スペイ馬鹿に限る!

予選&計測会
奇数月(3月5月7月9月11月)の第3日曜日に入間道場にて予選会を行います。
それぞれ上位2名が本大会のシード権を獲得し、予選免除になります。
シード権を獲得している選手も、ロンゲスト賞狙いでの参加を許可します
*3月20日、5月15日、9月18日の予選会は中止します。
4月24日 チャリティー計測会を、予選会も兼ねて開催しました。詳細はコチラで!
7月17日 予選会開催! コチラから!
10月16日 予選会開催! コチラから!

11月20日 予選会開催! コチラから!

時間:9:00~15:00
参加費:4分/1000円
他、ルール等は本大会と同じです。
*計測のみのキャスターはロッド、ライン共に自由です。(スイッチキャストも可)

尚、2011決勝にて入賞した5名と、各予選会で1位2位の選手に、ロンゲスト記録選手はシード権を獲得しています。

シード権獲得選手:野寺宣夫 平林雅信 小野雅之 戸澤求 金谷靜一  
         根津一多 北林睦雄 西脇信二 伊藤優 川田大輔 
         新井康之 井上忍  嶌田憲二 山野清治 敬称略

JTSCC公認最長記録 小野雅之 62.8m (2011.7.17)

一般参加:制限なし

本大会予選
1月21日(8:00~15:00)
*スタッフが投擲する場合は、予選開始前及び終了後と、参加選手の投擲がない開いた時間とする。
シード権獲得選手のロンゲスト賞狙いの投擲も可能です。

準決勝、決勝
1月22日
準決勝:シード選手、本大会予選通過選手 8:00~12:00
*予選と同じく、全参加選手4分/1000円で時間内に複数回キャスト可能で、一度に2回連続投擲可能にします。
 (2回連続で投擲する場合は、1回目が終わりましたら一度ラインをリールに巻き込んでからの再スタートとなります)

決勝:準決勝上位6名 風の様子を見て13:00~14:00に開始します。

*21日(土)の練習は、練習用投擲台を10分/500円で使用可とし、その他の練習は練習用投擲台の後方上流のみでとし、計測投擲台から練習用投擲台の間は一切の練習を禁止します。

*22日(日)の練習は、昼休みに決勝進出者(6名)のみ練習可とし、その他競技時間内は選手、見学者共に一切の練習を禁止とする。


参加費:予選時間内に一回の投擲に付き1,000円(何回でも可)
*レディースクラス、ジュニアクラス(15歳以下)は無料。(但し、2回目以降の投擲は一回に付き1,000円徴収します)

タックル
ロッド:5ft以上、18ft以下で適合するフライラインが収まるリールをリールシートによって固定出来るロッド。
リール:規定のラインが全て収まれば自由。
フライライン:最大径2.5mm(繋ぎ目は含まず)のフローティングのフライラインで長さは自由。
ランニングライン:素材、ラインの断面形状は自由。ただし、最大幅は0.35mm以上とし、長さは自由。
リーダー:1.5m以上で使用するロッドの長さ以内、素材はナイロンかフロロカーボンで、太さは自由。
ヤーン:支給予定

ルール
投擲台からの30度の角度変換(左から右のみ)のスペイキャスト(ダブル(ツー)ハンド、シングルハンド問わず)。
セット時と計測時にヤーンがVコート外にある事(ライン及び、アンカーはVコート内でもファールになりません)。
アンカーは必ずフライラインが着水する事(抜けのファールは取りません)。
競技時間は4分、スタートのコールがあるまでロッド、リール、ライン、ヤーンを水面及び投擲台に着けてはならない。
順位決定は最長記録、同記録の場合は次長で順位を決定します。
投擲スタートコール後、時間内であっても自ら投擲代から降りた場合は投擲終了とみなします(ライントラブル解消や、不意に落ちてしまった場合は時間内に投擲台に上がれば投擲を続行できます)。
予選会及び、本大会予選、決勝で年間を通して最長飛距離を記録した選手にロンゲスト賞が贈られます。

投擲台
水位にもよりますが、水面から30~40cm位に設置します。
レディースクラス&ジュニアクラス(15歳以下)は15ft1in未満のロッドとする。
尚、15ft1in以上のロッドを使用する場合は一般参加とします。

*大会期間中の怪我、事故等のトラブルには自己責任での対応をお願いし、スタッフ等は一切の責任を負いません。


*IOSCCマスコットガール、スペイガール募集中!

スペイキャストで釣りをしている、またはスペイキャストでの釣りに興味のある女性、年齢は問いません。
入間道場でのキャスティングレッスン及び実釣補佐をIOSCC実行委員会スタッフで無料にて行います。(無料レンタルタックルをご用意します)
尚、入間道場まで自身で来られ、インターネット顔出しOKの方とします。
詳しい問い合わせはまでおanglersspeycast@gmail.com願いします!!

2011.11.20

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。